読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くれあだけど深見

相手に全く覚られずに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要とされる技術および機材があります。

浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると残念ながら証拠とは言えません。

探偵なら浮気調査をする場合、超小型の機材を使い相手にバレないように客観的な証拠を撮影してくれます。

身なりを確認して浮気の事実を突き止めることができます。

人が浮気をすると、分かりやすく現れるのは格好の変わりようです。

おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、おしゃれを急にするようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。

浮気へと進展しそうな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。

不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。

婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかまず考えてから相談するといいでしょう。

それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。

女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、後で噂になりたくないなら、絶対にいけません。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なくなります。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、相手の日々の行動をよく知っておくことが大切です。

その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をしてもらうと、探偵側も余計な手間がかからず、お互いのメリットとなります。

なんとアルバイトの探偵がいる場合があるんです。

探偵のアルバイト情報を調べれば、なんと求人の情報があるのです。

ということは、バイトを使っている探偵事務所もたくさんあるわけです。

浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人情報を伝えなければいけません。

でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。

でも、探偵へ依頼すると調査料金も安くはないですから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。

探偵に浮気の調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、普通は3~4日が目安です。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均的な日数です。

パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟してください。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには定食の数から一緒にいた人の数が書いてある事があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。

かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は毎月きちんと目を通すようにします。

仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいたと見られることがあるのです。

結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、細やかな料金設定がされており、それ以上、料金がかからないような探偵社が安心安全です。

他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか確認が必要です。

法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しないように気を付けましょう。

自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

経験豊富な探偵に依頼したら、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自分で手を尽くして調べてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。

しかし、相手に問い詰めても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。
ナイトブラ ランキング

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。

あなたが信じて頼れる人と行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

信頼できる人が同行できないときは、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

探偵が行う浮気調査でも失敗することがないことはないのです。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗しない保証が全くないとは言えません。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には尻尾を掴みようがないです。

浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼したら損しないかと言うとそうでない場合にも遭遇します。

条件が成功報酬であれば調査が成功しなかった時、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者は損をしなくて済むように感じます。

そのため、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、利用しようとしている人もいます。

浮気の調査を探偵に任せ、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。

不信感を抱いてしまった相手と一生共に生活することはそのストレスはかなりのものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば二人が別れることは間違いないでしょう。

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど総合的に判断して裁判所が決定します。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、格別違うところが無いと言っても言い切れます。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな違いのない仕事です。

とはいっても、違いがあるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気のことがわかるものをつかむ事もできる可能性があります。

まず、いつもなら好んで行くことがないような毎回、コンビニのレシートを見かけるようになったら、いつもその近くに何度も行っていることになるのです。

その場所でずっと見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかめますね。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使うのが当たり前だからです。

今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をする機会も増えましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。

何気なく電話していることも十分考えられます。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとすると調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功したということになってしまいます。

実際に浮気があったとしても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬を請求されるのです。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられます。

あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意する必要があります。

それに加えて、よくもしガソリンを入れていたら、デートを車でしているかもしれません。

何人の調査員が必要なのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

本当に浮気なのかを調査員が1人で調査することが多いでしょう。

再度相談をして調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

動きを記録しておくことで浮気の証明をできることもあります。

日々の人間の行動には、ほぼ決まったパターンがあります。

ところが、浮気をしてしまっていると、行動のパターンが変わります。

変わった曜日や時間帯を決定づけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいのではありません。

不倫をしているのか調べていくと、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そういう時には、依頼した人のことを一番に気にかけてくれる探偵が信頼に値する探偵と言えます。

信頼できる探偵かを確認するのには、相談する時の様子などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。

それに、不倫した相手が浮気を認めない際は証拠が必要になります。

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

当然のことですが、調査員が1人なら安く、増えるほど高くなります。

そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうが良いでしょう。

探偵について、その特徴を考えると、不審に思われることを避けるようきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、先に自分の所属を明かして表立った調査をしているようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると結論できそうです。

パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気相手との逢引現場に向かうのはやめるべきです。

浮気の事実を突き止められると妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうことがあるでしょう。

その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。

特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

それは男性の場合であっても同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

浮気の形跡がSNSを介してばれてしまうこともあります。

SNSは実名を公表しないのでパートナーも注意が足りずに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がありがちでは、ないでしょうか。

場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットにアップしてしまう事もあるのです。

相手のアカウントを知ることができるなら検索してみて下さい。

浮気調査で先ずすべき事は、不倫相手の存在を明らかにする事です。

浮気しているか否かが不明瞭な場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

もしも浮気が確かなこととなれば、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

パートナーの日々の行動を追跡したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確かめるのです。